TUBEFIRE(チューブファイアー)の
著作権保護システムについて。祝完勝!!

チューブファイアーは著作権保護システムを装備して運営してしていました。そして、レコード会社31社はそのことを知らずに裁判を起こしました。ちなみに、JASRACはチューブファイアーの仕組みを事前に調べて、チューブファイアーによる著作権侵害は無いと公表しています。

チューブファイアーの著作権保護システムはYouTubeと連動していました。つまり、YouTubeから消された動画はリアルタイムでチューブファイアーからも削除または変換ができなくなります。チューブファイアーはこの著作権保護システムのプログラムのすべてを裁判所に提出。裁判所はチューブファイアーの著作権保護システムのプログラムを専門委員で分析し、チューブファイアーの著作権保護システムの存在を認めました。

詳しくは、チューブファイアーが裁判所に提出した書類でご確認下さい。